歌川国芳「流行逢津繪希代稀物」嘉永5年(1852)【浮世絵】
5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774 5fbfd944f0b1087f2d3f7774

歌川国芳「流行逢津繪希代稀物」嘉永5年(1852)【浮世絵】

0 JPY

About shipping cost

【作家】歌川国芳  Utagawa Kuniyoshi 【作品】流行逢津繪希代稀物 【時代】嘉永5年(1852)   【技法】木版  【状態】少穴・中折・シミ・トリミング 【サイズ】約352mm × 736mm 【備考・解説】 絵師が描きあげた大津絵から、モチーフが抜け出している−という洒落た一枚で、紙に残るのは人影だけ。 中央に座り絵を描いているのが国芳自身と言われています。 自らを登場させながら和紙で顔が隠れているが、そばにいる愛猫が暗示しています。