歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個 病尉遅孫立」文政末頃(1828)【浮世絵】
5fcccceab00aa313c23cfbe0 5fcccceab00aa313c23cfbe0 5fcccceab00aa313c23cfbe0

歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個 病尉遅孫立」文政末頃(1828)【浮世絵】

Last 1

248,000 JPY

About shipping cost

【作家】歌川国芳 Utagawa Kuniyoshi 【作品】通俗水滸伝豪傑百八人之一個 病尉遅孫立 【時代】文政末頃(1828)  【技法】木版  【状態】トリミング・保存良し 【サイズ】約365mm × 244mm 【備考・解説】 病尉遅(びょううつち) 孫立(そんりつ) 元軍人で武芸は一級品の腕前。病尉遅というあだ名は顔色が黄色かったため病がつき病尉遅と呼ばれた。 孫立は身の丈八尺(約240cm)を超える巨漢であごひげを生やしていた。 風貌と腕前から豪快なイメージが湧いてきますが、戦闘に積極的だったわけではなく、できることなら戦わずにすませたいと考えるような武将でした。